経営者の好みやスキルによって異なりますので、なかなか難しいところがあります。

ただ、全般的に障害福祉事業は不足しており、まだまだどの事業も参入の余地があります。

放課後等デイサービスは競争が激しくなっていると言われていますが、それでも都市部などの一部地域です。

 

在宅サービスでニーズが高く、比較的短期間に黒字化していると思うのは、生活介護と就労継続B型支援事業所の組み合わせでしょうか?

この二つは需要が大きく、営業を行えばどちらかには利用を促せるサービスです。

児童発達支援も、不足しています。

 

参入へのリスクが低いのは、障害者ヘルパーやガイドヘルパーでしょう。

場所を確保しなくて良い分、参入は容易です。

 

圧倒的に不足しているのは、障害者グループホームだと思います。

参入障壁が高いですが、開設すれば、すぐに入居者は埋まります。

 

ご参考になれば幸いです。

 

障害福祉ビジネス