現在、非常に人材採用が厳しくなっています。

特にサビ菅は事業の肝になりますから、良い人材を採用したいものです。

 

しかし、求人サイトに募集を出しても、1件も応募がない、採用通知を出しても断られるといった状況が多くなっています。

 

以前は、資格要件さえ満たしていれば、研修受講は開業後1年以内に行えばよかったのですが、現在は開業時にサビ菅の研修修了が必須です。

そのような人材が少ないため、サビ菅側からすれば、事業所を選び放題になっています。

 

また、新規開業法人は財政基盤が弱く、将来的に安定して働いていけるかどうかが、わかりません。

 

条件の良い社会福祉法人などを選ぶのも、やむを得ない面があります。

 

ですから、良い人材にはそれなりに報いる方針を掲げるなど、人材確保には工夫が必要です。