仰っるとおりです。

医療福祉業界全般に、人材確保難です。

 

中でも、サビ菅が採用できずに、開業を諦めざるを得ないケースが増えているように思います。

阪神間では2~3か月で採用できればいいほうで、半年以上かかるケースもあります。

 

また、指定申請後にサビ菅が退職したり、予定していたサビ菅が他の事業所に引き抜かれたりするケースも散見されます。

サビ菅の取り合いになっています。

 

そのため、開業する際には、まずはサビ菅の確保を第一に考えてください。

場所や物件は何とでもなりますが、人の確保は何ともなりません。

 

福祉はサービスを提供するのが人です。

事業所の良否を決めるのは、職員です。

 

人材確保に、注力してください。