起業ですから、当方がお勧めするというよりは、ご自身がやりたい事業を始めるべきです

しかし、初めて事業を開始するにあたって、参入しやすいのはB型支援事業所です。

 

なぜなら、利用者との雇用契約が必要ありませんので、各種労働法令に縛られません。

整備する書類なども、少なくてすみます。

 

ですが、元々何らかの事業を行っていて、障害者雇用に関心があるケースなどはA型の検討もあり得ます。

結局は、ご自身の関心と今お持ちの資産(見えない資産も含めて)になります。

 

ただし、参入しやすいのと、経営が軌道に乗りやすいのとは、別です。

就労系で最も開業が多いのがB型ですから、その分、競争も激しくなっています。

 

当方では有料にはなりますが、A型に参入した場合とB型に参入した場合のシミュレーションもいたします。

 

就労継続A型とB型支援事業所