介護保険指定申請制度とは

介護サービスを開始するためには、その事業の種類によって都道府県または市町村長の指定を受けなければなりません。

申請については、随時受け付けのところもありますが、受付期間を設定している場合もあります。

指定を受けるには、法人格、人員や設備の基準をクリアしていなければならず、その他の欠格要件もあるため、事前に確認が必要です。
なお、指定要件については、別途事業ごとの説明で詳しく行います。

事業開始の流れ

1、法人格の取得
介護事業を始めるのには、株式会社、NPO法人、社団法人などの法人格が必要です。
既に法人格をお持ちであれば大丈夫ですが、無ければ法人の設立を行わなければなりません。

2、定款の変更
法人の定款の目的に、介護事業が入っていなければ、定款を変更しなければなりません。

3、介護保険指定申請
要件と申請書類をそろえて、申請を行います。

4、指定の通知
申請書類や要件に何の問題もなければ、指定の通知がなされます。
晴れて開業です。
ここから、起業が始まります。