介護保険の報酬請求は、小規模事業所にとってはかなりの負担です。
毎月、月末から翌月の初めまでは、気を抜けません

本来業務である利用者へのサービスをしながら、実績入力を行い、居宅介護支援事業所と地域包括支援センターとのやりとり、書類の提出などが必要です。

また、せっかく育てた請求担当者が急に退職したり、産休などで休みを取ると、途端に困ってしまいます

当事務所では、介護保険請求事務代行サービスを行い、事業者様を本来業務に集中していただき、人材の入退職などでも滞りなく報酬請求できるように支援しています。

介護事業は、お客にサービスを提供してはじめて、利益が上がります。
利益の上がらない事務はアウトソーシングして、売上アップに尽力してください。

専門サイトはこちらhttp://kaigoseikyu.office-tb.top/