サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、日常生活や介護に何らかの不安を抱く「高齢単身・夫婦世帯」が安心して居住できる賃貸等の住まいです。

サービス付き高齢者向け住宅を開設する際には、都道府県・政令市・中核市等への登録が必要で、事業開始後は指導・監督を受けます。

サービス付き高齢者向け住宅登録の基準

○設備
1、専用部分の床面積は原則25㎡以上(18㎡以上の例外あり)
2、各専用部分に、台所、水洗便所、収納設備、浴室を備えていること(ただし、共用  部分に備えることで各戸に備える場合と同等以上の居住環境が確保されれば可)
3、バリアフリー構造であること

○サービス
安否確認サービスと生活相談サービスの提供が必須。
ケアの専門家(介護福祉士、社会福祉士、ケアマネジャー)などが日中常駐して、上記サービスを提供する。

○契約
・書面で契約すること
・居住の安定が図られた契約内容であること
・権利金等の受領はできない
・前払金を受領する場合は、算定の基礎・返還金の算定方法が明確であること
・サービス付き高齢者向け住宅の工事完了前に、前払金を受領することはできない

登録申請の流れ

1、自治体との事前協議(自治体による)
2、登録申請書の提出
3、自治体による基準の適合性審査(標準処理期間20日、自治体によって、関係課との協議が長引きます)
4、登録

以上が流れですが、多くの自治体では事前協議の段階で施工図面で要件の適合性を判断します。