個々のケースによって異なりますので、一概には言えません。

将来的に株式公開を目指しているのなら株式会社ですし、非営利であればNPO法人や社団・財団法人になります。

まだまだ知名度は低いですが、合同会社は運営に関して制限が少なく、経営の自由度が高いというメリットがあります。

ただし、福祉サービスを利用する側からは、あまり法人格は重視されていません

有料老人ホームなど入所型は倒産リスクなどを考えて大手を選ぶ傾向はありますが、在宅サービスは職員の質や事業所の雰囲気で選択されています。

そのため、福祉事業は後発でも、小規模であっても参入のチャンスはあります。

当事務所は法人設立からサポートしておりますので、まずはご相談ください。