毎年、3月・4月になると、会社を定年された方からよくあるご相談です。

第二の人生をどうするか考えた時に、地域や社会への貢献や長年抱いていた独立自営願望を満たす選択肢として、介護事業が浮かんでくるものです。

年齢的に直接介護は無理だけれど、介護タクシーのドライバーならお役に立てるのではないかと始められる方は多いです。

60歳を過ぎていても全く問題はありません。ご自分が安全に運転でき、利用者をサポートできるのであれば大丈夫です。

許可についても、何ら制限はありませんので、安心して事業開始の準備をしてください。