放課後デイサービスや就労継続支援の障害者福祉指定申請を受ける際に、事業所自体が建築基準法や消防法に違反している場合があります。

消防法関係については消防署と協議してたいていは何とかなるものですが、建築基準法は厳しい場合があります。建物の大幅な構造変更が必要と指摘されると、コストも時間も掛かります。

新築したほうが早いケースもあるくらいです。

そのため、障害者事業を行う際は、事前に指定申請が取れる建物を見極める必要があります。