市街化調整区域においては、原則として建築物を建築できません。

介護タクシー事業は事務所と車庫を構えて行うため、「事務所」という用途はなかなかに難しい。

法令で認められている例外の条文にも、記載がありません。

しかし、自治体によっては窓口で折衝して認めてくれるケースもあります。

事業の規模や周辺住民からのニーズなども、考慮されます。

ただし、建築許可や開発許可等や用途変更を指示される場合があり、簡単ではありません。