まず前提として、事業は人に勧められて行うものではありません。

ご自分がこれだと思ったものに、全力投入してください。

ただ、時流を読むこと、他人のアドバイスに耳を傾けることも大切です。

お勧めと言われても、現在どのくらい資本があるのか、人員を揃えられるのかで異なります。

しかし、小資本で参入して早期に黒字化するのであれば、ヘルパー事業が一番良いのかもしれません。

というのも、政府が在宅介護を推進していますので、在宅サービスは介護保険等の報酬単価が今後も上がっていく可能性があります。現在でもなかなか収益が良いのがヘルパー事業ですから、将来的に有望です。

また、需要はいくらでもありますので、仕事の獲得にまず困りません。

ただし、肝心のヘルパーを集められるかどうかが、一番の課題になります。

昨今は求人を出しても、なかなか職員が確保できない状況です。

ヘルパーさえ確保できるのであれば、間違いなくお勧めな事業です。