成年後見制度は、判断能力が低下した方や知的障害のある方などに後見人等を付けて、意思表示の困難な本人を擁護する制度です。

後見人は、本人の意思を代弁する者と考えてください。

家庭裁判所から権限を与えられていますので、本人の代わりに契約や預貯金等を引き出して支払いなどを行います。

 

認知症高齢者、親御さんが高齢になったり、亡くなって身寄りのない障害者の方などが、利用されています。

高齢化、少子化で周囲に誰も頼れる者がいなくなっていますので、今後も利用は増えるでしょう。

 

事業者側としては、サービス利用契約や各種支払いや事務手続については、後見人に相談するようにしてください。

ただし、後見人に医療に関する同意権はありませんので、手術の同意などはできません。

 

ですが、何か事故が起こり、通院や入院の際の手続は後見人の役割です。

権限のあるなしが複雑ですので、確認しながら関わってください。

 

後見人