介護タクシーの許可申請には、前面道路の幅員証明書を提出するのが原則です(国道なら不要)。

つまりは、車両が問題なく道路を通行できるかを審査します。

利用者や近隣住民を事故に巻き込むような事態を避ける趣旨です。

車両制限令という法も定められていますので、法に沿った形で申請するのです。

道路の幅が狭い場合は、運輸局と折衝し、幅が狭くても業務に支障がない等を立証する必要があります。

必要であれば、関係機関の意見書などを取得して提出します。