サラリーマンを早期退職したり、定年後に介護タクシーを始めたいという方からのご相談がけっこうあります。

介護タクシーを始められる多くの方の動機は、社会貢献や年金の上乗せで収入があればいいというケースです。起業して事業を拡大される方も稀にいますが、介護タクシーを複数台所有してバリバリ事業展開していう方は少数派でしょう。

収益拡大を目的にしている場合は、介護タクシーを始めに、ヘルパーステーションやデイサービスなどを併設していくほうがよいでしょう。

ですから、事業展開の仕方によっては収益を拡大できます。