特に必要はありません。

一般的には法人格があるほうが社会的信用があり、顧客に選ばれやすいと思われがちですが、こと福祉ビジネスに関しては、巨大資本の必要な施設系サービスを除いては、顧客は人でサービスを選びます。

「あのヘルパーさんが良い」「ドライバーはあの人でお願いします」

といった感じです。

そのため、個人でも法人でも、どちらで始めても差異はありません。

なるべくリスクを抑えた形での開業が望ましいでしょう。