原則として、収益で事業を決めるのではなく、ご自身の目的に沿って事業を始めたほうがいいと思いますし、上手くいきます。

好きなこと、継続して努力できる方を選ぶべきでしょう。

 

ただ、一般論で申しますと、高齢者福祉分野のほうが競争が激しいため、現時点では障害福祉分野のほうが利益率は高いと考えます。

あくまで一般論で、事業のやり方、営業努力によっては高収益を上げている高齢者事業所も多くあります。

特別養護老人ホームの内部留保の多さなど、よく新聞等で耳にすることでしょう。

 

オーナーとして投資するならともかく、自身がサビ管などを行う場合は、関わっていて楽しい、関わりやすい対象で選んでください。

オーナーとしてビジネスを考えるのなら、障害福祉分野のほうがやり易いと思います。

 

あくまで個人的な意見ですが、障害者分野はまだまだこれから市場が形成されていくため、面白いと考えています。

 

障害者福祉サービス