よくあるご相談に入れてもよかったのですが、行政書士を選ぶ際に、依頼者が気を付けることです。

許可申請の手数料だけみて、高い・安いと判断される方は多いです。

たしかに、ただ書類を作成するだけなら、安くもできます。

しかし、許可要件が微妙な場合はどのようにして満たすかに経験や専門性が必要です。

車両の選び方、料金設定なども、全く素人が相談するのなら、コンサルティングのできる行政書士にするべきです。

また、専門性の高い行政書士なら、開業後の営業なども支援できます。

よって、自分が依頼する行政書士がどこまで支援してくれるのか、福祉業界をよく知っているのか、人脈はあるのかなと、総合的に判断することが肝心です。