よくあるご相談です。

介護保険財政がひっ迫し、今から業界に参入しても成功できないのではないか、と考えるのでしょう。

たしかに、介護保険改定は今後も厳しいことが予想されます。要介護認定を受ける方は年々増加していますし、福祉用具なども財源削減がなされていく見込みです。

しかし、今後も需要は右肩上がりです。介護保険収入に頼り切りだと政策に影響されますが、その他の部分で収益を確保できるように工夫していく必要があります。

介護サービスは大手が有利というわけではありませんので、比較的参入し易いと思います。

現在でも、自分の思い通りのサービスを提供したいと熱い想いをお持ちのケアマネジャーや看護師の方が、積極的に参入しています。