認知症に特化した保険が売れているようです。

保険内容は、認知症と診断されたら一時金が出るものや、要介護度によって年金が支給されるなどさまざまです。

認知症者が増加し、街で見かける機会や周囲に存在するので、関心が高くなっているのでしょう。

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になると言われています。

認知症になると介護費用が通常の倍かかるとのデータもあり、不安を感じます。

しかし、まずは公的介護保険がありますので、よくよく検討して上乗せが必要な場合に加入するべきでしょう。また、介護保険で要介護認定も、なかなか出るものではありません。