先日、ある税理士の先生をお話をする機会がありました。

顧問先の多くに障害福祉事業所を、抱えておられます。

 

「障害福祉サービスは、利用者を集めている所と集まらない事業所に二極化している」

との話です。

 

私も感じていたことですが、実際に事業の会計を見ている先生ですので、腑に落ちました。

同じように開設しても、随分と差が出ます。

 

以前であれば事業所自体が少なかったので、開設すれば収益があがっていました。

が、今は働いている職員の質やプログラムによって、利用者の人数が変わります。

 

福祉事業は職員に利用者が付きますので、やはり「人」の存在が大きいです。

 

良い人材を確保できた事業所は、概ね成功しています。