障害者福祉分野の許認可では、就労継続B型開業のご相談が増えています。

少し前までは放課後デイだったのですが、障害をお持ちの方の働く場がないことに気づいて事業を検討される方、これから伸びる事業で安定収益を上げられると考えて参入される方と、動機はさまざまです。

当方は指定申請を受ける際の支援が主ですが、これまでの経験からある程度の収益モデル(試算)は把握しています。

集客に成功すれば早期の黒字化も決して不可能ではありませんし、他の事業(例えば競争の激化している高齢者分野)と比べて集客にも苦労していない印象です。

一度利用者を掴まえれば安定する事業ですから、始めるなら早いほうがよいと思います。