介護福祉士や一定の研修を受けた介護職員等は、一定条件下で喀痰吸引等の行為ができます。

従来からも介護現場では必要性があり、違法性を認識しながら介護職員が行っているのが現状です。

が、一応は違法性阻却事由に当たるとされてきました。

 

しかし、きちんと研修受講して事業者登録を行えば、一定条件(例えば医師の指示)下での喀痰吸引が合法に行えます。

私が以前勤務していた法人は事業者登録を行っていましたので、登録関係書類も作成していました。

 

最近、喀痰吸引事業者登録のご相談があり、書類作成が大変とお聞きしました。

私は当たり前に行っていた業務でしたが、たしかに1からすべての書類を作成するのは大変でしょう。

喀痰吸引の手続経験がある行政書士は皆無だと思いますので、是非当事務所にご相談ください。