介護タクシーの許可申請には、運転資金の約50%の自己資金が必要です。

この自己資金の証明は金融機関の残高証明で行うのが一般的ですが、いつの時点で自己資金要件を満たしておかなければいけないかは、運輸局任せです。

許可申請後、運輸局の指定した日時分の残高証明書を提出しなければいけません。

しかも、複数回求められることもありますので、常時確保しておかなければ安心できません。