始めて福祉事業を考える際に、介護保険事業か障害福祉事業かを迷われるケースがあります。

顧客対象が高齢者なのか、障害者になるのかは大きく違います。

高齢で障害を持っている方もいますので重なる部分もありますが、職員の応接などの専門性は違います。

似ている部分はありますが、その辺りは肌で感じると一番良いでしょう。

 

事業開始前に、少なくとも両方の施設を見学に行くようにしてください。

できれば、ボランティア活動などで現場に入ると、さらに良いです。

 

顧客対象の違い、現場の抱えている問題、経営上の課題も見えてくると思います。

それらの違いがわからなければ、わかる人材を雇用すればいい。

 

また、障害福祉の場合は、障害児など子供を相手にする場合も異なります。

 

自身の向き、不向きを見極めてから事業に参入したほうが、成功確率は上がります。

介護ビジネス