高齢者福祉、障害者福祉事業を行う際、新規に建物を建設する場合はもちろん、既存の物件を購入や賃貸する場合、建築基準法や消防法といった各種法令に適合しているかどうかを確認しておくことは重要です。

というのも、事業開始後に見つかる法令違反が、少なからずあるからです。

費用を掛けて改修すれば修正できる違反程度はまだ良いのですが、下手をすれば事業所ごと引っ越さなければいけなくなります。

物件選びの段階で、建築士などに見てもらっておくのが、費用は掛かりますが一番安心です。