介護タクシーの許可申請など運輸局への申請書類については、まず間違いなく補正指示が入ります。

我々行政書士が作成した書類でもそうですから、一般の方の場合はなおさらだと思います。

ただし、行政書士が代理申請をしているとすべての訂正に対応しますが、自分で申請すると開業準備と併行して書類の訂正等も行わなければいけません。

なかなか大変な作業だと思います。

考え方だとは思いますが、一生に一度しかない許可申請に時間を使うより、開業後の集客のための人脈作りや業界研究に時間を費やすほうが、開業後に成功する確率は高まるような気がします。