介護事業者への監査による、介護保険報酬の返還が相次いでいます。
明らかに悪質なケースは別として、事業者にも人員不足などで何らかの事情があるものです。

報酬返還になった事例を見ていますと、どこの事業者でも少なからずあるようなケースも散見されますので、全ての介護保険事業者が戦々恐々としている気がします。

例えば、デイサービスの相談者が送迎に入っているケースでも、報酬返還させられていますが、どこも人手不足の現状ではあり得ることです。

しかし、介護保険制度の中で運営されている事業ですので、制度に従うしかないのはわかっています。
けれども、厳しいですね。