最近、介護や障害者福祉などの事業を行っている経営者とお話をしていますと、とにかく需要はある、利益も出ると必ず仰っいます。

つまり、表現が適切ではないかもしれませんが、まだまだ「儲かる」ビジネスに間違いありません。

他業界のように必死にお客を探さなくても、サービスを必要としている方たちが探して来てくれる、ケアマネなどが斡旋してくれるのも、この業界の大きなメリットでしょう。

事業のやり方、経営者の資質にはよりますが、お客を掴みやすい業態ではあります。

しかし、どこも人材確保に苦労しています。

採用コストは年々増加していますし、採用してもすぐに退職してしまう傾向があります。

儲かるが労務管理が大変なので、福祉ビジネスを拡大せずに他のビジネスを手掛ける経営者もいます。

上記のような福祉ビジネスのメリット・デメリットをどう考えるかはそれぞれですが、チャンスはそこらじゅうに転がっているのはたしかです。