2018年度介護保険改正に向けた厚労省の審議会の意見書素案が出ました。

福祉用具やヘルパーの生活援助サービスを自己負担とする案が出ていましたが、それは見送られ、福祉用具の貸与料に上限を設ける方針のようです。

福祉用具の貸与価格は事業者によって大きく差があり、料金が不透明だと指摘されていましたので、歯止めをかける意図です。

上限を超えたものについては、介護保険の対象外になる可能性があるようです。

介護保険の財源が厳しいため、今後の改定も厳しくなることが予想されます。