日本老年学会などが、高齢者の定義を75歳以上に見直す提言を行っています。

現在は65歳以上ですが、平均寿命が伸び、昔の高齢者と比べて若返っているデータも出ていることからの提言です。

たしかに、最近では70代で元気に社会参加している方も多くなっています。

個人差はありますが、検討の余地はあるでしょう。

ただし、年金支給やその他の社会保障に影響してくる可能性がありますので、慎重な議論が必要です。