東京都の豊島区が、介護保険サービスと介護保険外サービスを一体で提供する混合介護を、特区申請をして行う方針で都と協議しているようです。

混合介護については、ヘルパーが利用者の食事を作るついでに、介護保険外サービスとして家族分の食事も作る等ができることになります。

その場合、家族分は実費となります。

介護保険は1~2割負担、保険外は10割なので果たして利用が進むかどうかについては疑問視する見方もありますが、事業所全体の収益が上がり、介護職員の賃金向上に寄与する可能性があります。

モデルケースとして参入してほしいと思います。