昨日の報道で、厚労省が介護保険と障害福祉両制度に共通サービス創設の方針を固めたようです。

これは、現在65歳以上の高齢障害者は介護保険が優先して適用されて障害福祉サービスを受けられないため、一つの事業所で一括してサービスを受けられるようにするなどが目的です。

障害分野で身体・知的・精神が一括してサービス利用ができるようになりましたが、似ています。

2018年度の施行が予定されますので、当事務所も対応していきたいと思っています。