高齢者分野、障害者福祉分野のどちらも、ショートステイのニーズは高いです。

在宅生活を送っているが、何かの際に宿泊できるショートは本人も家族も非常に助かります。

介護離職、介護による家庭崩壊を防ぐには、さらに充実したサービスの整備が求められます。

しかし反面、職員体制などの事情で事業者側は預かるだけで精一杯、利用する側も泊まれるだけで十分だと考えるフシがあります。

本人が満足しているなら良いのですが、家族は助かるが本人は嫌々利用しているケースを目にします。

利用者本人が満足できるショートステイサービスが増えることを望んでいます。良いサービスが生まれると、周囲のレベルも上がります。